後藤眼科クリニックでは、手術がいつも間違いなく安全に成功する事を、最大の目標にしています。 安全で快適な白内障手術を常に心がけております。

目の働きについて

  • 虹彩 ・・・
  • 黒目(角膜)のすぐ後ろにすけて見えるいわゆる茶目のこと。目の中に入ってくる光の量を調節する働きがあり、カメラでいうと絞りにあたります。
  • 水晶体・・・
  • カメラのレンズと同じで、私達が見ようとするものを正しく、網膜に焦点を結ばせる働きがあります。
  • 網膜・・・
  • フィルムにあたる部分に投影され、これが視神経を通して脳に伝えられ、私達は、初めてものを見ることができます。

白内障について

白内障とは、カメラのレンズにあたるところを水晶体といいますが、この部分がいろいろな理由で白く濁ってくる状態のことをいいます。

白内障の原因の最も多いものは、加齢現象によるもので,一般に老人性白内障と呼ばれています。 早い人では40歳台からはじまっており、詳しく検査すると、80歳台では大部分の人が白内障になっている可能性があります。白内障のそのほかの原因としましては、外傷によるもの、他の目の病気に続いて起こるもの、薬物中毒によるもの、先天性のものなどがあります。

白内障の治療方法

白内障の治療方法は、初期のうちには薬によってその進行を遅らせることができる場合がありますが、完全に治療することはできません。進行した白内障は、濁った水晶体を手術によって取り除く方法が一般的に行われています。 最近の白内障手術法は、超音波乳化吸引法という方法が一般的で、3mmくらいの傷から超音波の力で水晶体の濁った中身だけを吸い出し、残った薄い膜(水晶体嚢)の中に水晶体の屈折力を補正するための眼内レンズが挿入されます。



後藤眼科クリニックでの白内障手術について

手術は痛くありません

麻酔は点眼麻酔薬を点眼するだけですので痛くありません。ただし、あまり眼球が動いてしまう場合は、安全に手術を行うために麻酔の注射をすることがあります。テノン嚢下麻酔といって白目(結膜)の粘膜の下に注射をします。これもほとんど痛くありません。また、手術の後に少しコロコロする感じは有りますが、痛みを訴える人はほとんどいません。

短時間の手術

手術時間は、始まってから終わるまでに30分前後です。 また、折り曲げて入れられるタイプの眼内レンズを使用しているため,キズの幅が小さくでき(2.2ミリ)、時間の短縮になっています。尚,白内障の手術を受けるのを長年戸惑って、硬く進行した白内障の場合や、緑内障などの合併症がある時は、手術時間が多少延びることがあります。

日帰り手術

当院では白内障手術を日帰りで行っております。入院はできません。手術後は歩いて病室へ帰れます。病室で1時間安静に寝てから帰宅になります。手術日は土曜日の午後となっております。

翌日見えることが実感できる

手術後は翌朝診察するまでは眼帯をして頂きますので、診察時眼帯をはずして初めて見えることが実感できます。たいてい数日から1週間の間に徐々に見えるようになってきます。また、目の中に入れる人工レンズの度数によって、遠くに焦点が合ったり、近くに合ったりします。

通院について

手術前の準備と、手術後の診察で通院していただきます。手術前には検査を行い、手術に問題が無いかを判断します。その後、術前説明を行い、これと同時に手術に用いる眼内レンズの度数を患者さんと相談しながら決めます。手術後は定期的に診察に来ていただき、術後の経過をサポートします。

日常生活に早く戻れます

台所仕事や掃除などの軽い家事は手術を受けてから2日間でできます。数時間の事務仕事なら手術の4日後に出勤してもかまいません。しかし力仕事やほこりの多い職場での作業は、手術の後1週間(できれば2週間)は控えたほうがよいでしょう。

充分な消毒と滅菌

後藤眼科クリニックでは、一人一人の手術に用いる手術器具類は、完全に滅菌消毒したものを取り替えて用いています。超音波白内障手術装置では、超音波ハンドピースや灌流、吸引用チップも一人の手術が終わる毎に滅菌した新しいものに取り替えています。

手術にかかる費用

当院での手術代金(自己負担金)は、窓口負担率が1割の方で1万円台です。

  • 日帰り白内障手術について
  • 当院はAED設置医院です
  • アスティコンタクト
  • アスティコンタクトはメニコン製品取扱施設です

後藤眼科クリニック

後藤眼科クリニック

【受付時間】
午前 8:30~11:30
午後 3:00~6:00
※土曜午後は 2:00~5:00 (手術もしくは診療)
【休診日】木曜・日曜・祝日